坪井真理子プロフィール(㊟)

 

大阪に生まれ。5歳よりピアノを始め、エヴリンウエストマン氏、物部一郎氏、藤村るり子氏、マックス・エッガー氏に学ぶ。

京都大学医学部卒業。京都大学病院にて眼科学の研修、大学院卒業後フンボルト留学生として1980年 にドイツに渡り、当時の西独バートナウハイムのマックスプランク研究所にて視覚電気生理学の研究を行 う。この間、同研究所のエバーハルト・ドット教授の計らいでフランクフルト音大のヨアヒム・フォルクマン教授にピアノのレッスンを受ける機会あり。このレッスンで深い感銘を受け、ピアノを音 大で正式に学ぶ決心をする。

1983年より1988年までフランクフルト高等音楽院にてフォルクマン教授のもとにピアノを学び、 またライナーホフマン教授には室内楽、歌曲伴奏などを学んだ。演奏家資格試験に合格したのち、同音楽 院にてピアノ科講師となる。

1985年にはイタリアのトラパニ国際室内楽コンクールで3位入賞。

1994年にライプチヒに移住し、ライプチヒ高等音楽院の講師となる。

その間、ワイマール高等音楽院で2年間に渡りノーベルト-ブライニン(アマデウス四重奏団)に室内楽の指導を受けるほか、講習会にてメナヘム・プレスラー(ボザールトリオ)、アダム-ハラシェビッチ、ユルゲン・ウーデらに学ぶ。

2001年、ライプチヒ高等音楽院にて教授(Honorarprofessor)に命名される(室内楽、コレペティシ オーン担当)。

ドイツ、イギリス、イタリア、チェコなどヨーロッパ各地、アメリカ、エジプト及び日本でソリストとし て演奏する他、室内楽奏者としても活躍し、マリアナ・シルブ(ヴァイオリン)、フィリップ・ブックリー(フルート)、アルト・ノラス(チェロ)、ロッジャー・ボボ(チューバ)らと共演している。またモニカ・エーダー(ソプラノ)、ウルリケ・リヒター(ソプラノ)、オリバー・ピット(バリトン)等、歌手の伴奏者を務めるほか、コンクール、夏季講習等の伴奏歴も豊富。

2002年ごろより、年に2度の帰国の際には京都大学音楽研究会で講習会を開き、クラブの後輩の指導 を行っている。

                                                              注:坪井真理子はMariko Mitsuyuの日本での演奏家名です

 

              

Website_Design_NetObjects_Fusion